<< September 2020 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 >>
スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

| - | - | -

にほんブログ村 ポエムブログ 切ない詩へ  にほんブログ村 ポエムブログ 写真詩へ
願い



あと何回生まれ変わったら出会えるのだろう


16:19 | photo + words | comments(0) | trackbacks(0)

にほんブログ村 ポエムブログ 切ない詩へ  にほんブログ村 ポエムブログ 写真詩へ



今は後悔することが一番怖い

そろりそろりと
足音を立てて歩く

結果が孤独、を避けるように
何をすればいいのか
それとももう
避けられないのか

目を閉じて 息を殺して
内側の嵐に気づかれないように
今日も笑顔で過ごしている
09:16 | photo + words | comments(1) | trackbacks(0)

にほんブログ村 ポエムブログ 切ない詩へ  にほんブログ村 ポエムブログ 写真詩へ
empty



毎夜、いなくなる
私の元から飛び立っていく

落ちた羽根を拾い集めて
私は
泣きながら眠る

こんなに夜を越えても
まだ痛みはある

好きも
嫌いも
熱も
裏も
感触も
欠片も
声も
速度も
立体も
色も
嘘も
思いも
思い出も

もう いらないものにしてしまえばいい

もう いらないものになればいいのに


23:50 | mobile | comments(0) | trackbacks(0)

にほんブログ村 ポエムブログ 切ない詩へ  にほんブログ村 ポエムブログ 写真詩へ
最果てのブランコ




たくさんの記憶の断片
時折り
戻れないというだけで 泣きたくなる

今だから見えることが多い
きっと今この時も
未来の私はもどかしく感じるのだろう

優しく
穏やかに
揺られて
眠りたい

古い記憶のブランコ
もう どこにもない

誰も来ない 記憶の荒野の先で
ずっと風に揺られている





JUGEMテーマ:写真詩+゚*
00:11 | titles | comments(0) | trackbacks(0)

にほんブログ村 ポエムブログ 切ない詩へ  にほんブログ村 ポエムブログ 写真詩へ
さみしいふたり




伝えた気がしていた
それは幻想だった


どこからが 夢?


君に問うこともできない
どんな媒体を使っても 障害が多すぎる
まずは自分の内側に
へこたれる弱さを許してくれ

思う気持ちの強さを語る前に
踏みしめる地盤が脆い


「 結局は 離れる運命だった 」


そう思うふたりは永劫、このままだ





JUGEMテーマ:写真詩+゚*
23:22 | titles | comments(0) | trackbacks(0)

にほんブログ村 ポエムブログ 切ない詩へ  にほんブログ村 ポエムブログ 写真詩へ
枯渇
Image859.jpg
どうしたら 潤ってゆくのだろう


ささくれ立って
自分で自分を傷つけてしまいそうだ




19:38 | mobile | comments(2) | trackbacks(0)

にほんブログ村 ポエムブログ 切ない詩へ  にほんブログ村 ポエムブログ 写真詩へ
浮遊




はじけてとんだ飛沫が私なら
漂っているように感じるのも納得できる


何もつかめない代わりに 誰も気付かない
自分の力では動けない
それは風を待つように


ただただ 孤独なのだ


それでもいいと思うことを
咎めないで





JUGEMテーマ:写真詩+゚*
23:05 | photo + words | comments(0) | trackbacks(0)

にほんブログ村 ポエムブログ 切ない詩へ  にほんブログ村 ポエムブログ 写真詩へ